AppleCare+でiPhoneを交換!有償?無償?かかる修理費用まとめ

不具合・トラブル

先日いきなりiPhone7の電源が急に入らなくなってしまいました。強制再起動を実施してもAppleのロゴでループしてしまう状況。

リカバリモードにした上で復元を試みたものの、アップルのロゴの下のゲージが進まず何度やってもエラーに。その後もいろいろ試したが改善なし。

AppleCare+に加入しているので、仕方なくAppleサービスプロバイダへ持参しました!

今回私が実際に端末を交換して分かった事や、その後Appleテクニカルサポートに問い合わせて調べた事を細かくまとめましたので、これから修理・交換する予定の方は是非参考にしてください!

AppleCare+の修理費用

AppleCare+に加入している場合、2年間で2回まで修理などのサポートを受ける事ができます。料金体系は非常にシンプルです。

 画面の破損のみその他の損傷
AppleCare+に加入済の全モデル3400円(+税)11800円(+税)

画面の破損に関しても、破損の程度によっては11800円(+税)になる場合があります。基本的に画面破損以外は表の右側の料金です。

状況によっては端末交換になる場合があります。交換の場合は、

  • 無償交換
  • 「その他の損傷」と同額の費用での交換

この2パターンです。
私の場合は、物理的な損傷もなく、店舗での水濡れ診断も問題なかったので無償交換でした。

スタッフの方曰く、端末の分解歴があったり、サービスプロバイダ以外で修理した場合は無償交換にはならず、iPhone修理時の最大費用になるケースと、交換自体が出来なくなるケースのどちらかになるようです。確かにこれを許容しちゃうと中の部品すり替え放題になっちゃうので仕方ないですね。

AppleCare+非加入の場合の料金は、iPhone修理サービス料金 – Appleサポートを参照してください。

さっそく店舗へ来店!その前に・・・

事前準備

iPhoneの故障・不具合で店舗に持参する前に準備すべき事が3点あります。

  1. iPhoneのデータのバックアップ(可能であれば)
  2. 来店予約
  3. Apple IDのパスワードを把握しておく

①不具合の事情や破損の程度によってはバックアップできない場合がありますが、操作が可能であれば事前にバックアップしておきましょう。

②の来店予約に関しては、実施した方が待ち時間が短く済みます。PCをお持ちでない方は、他の人の携帯を借りてでもやっておきましょう。
Appleの店舗で修理したことがある方は分かると思いますが、待ち時間も含めると一連の手続きで半日くらいつぶれます。
来店予約した上で来店するか、もしくは朝一で来店しましょう。

③はかなり重要!覚えている人は問題ないです。

Apple IDのパスワードが分からない!端末も故障してパスワード再設定できない!
iPhoneを利用している方のほとんどは、iCloudの「iPhoneを探す」機能をオンにして使っていると思います。その場合、iPhoneを初期化する際に必ずApple IDのパスワード入力が求められます。「iPhoneを探す」機能がオンの状態で、リカバリモードによる復元で無理やり初期化しても、iPhoneがアクティベーションロックと呼ばれる状態に移行し、パスワード入力をしない限りアクティベーションが完了できずiPhoneが使用できなくなります。
この機能があることによって第三者からの不正利用盗品の転売が防止できている側面もあります。

Appleの店舗では、Apple IDのパスワードが分からない場合や、アクティベーションロックされているiPhoneは交換に応じてくれません。購入者であることを証明するために、Apple側から端末購入者しか持っていない購入証明書(もしくはそれに代わる書面)の提出が求められます。これが持参できればApple IDのパスワードが分からなくても手続きが可能です。
どのような書面が購入証明になるか確認したい場合は、Appleもしくはサービスプロバイダへ事前に確認しましょう。

来店予約の手順

1.Apple-サポート-製品の選択へアクセスします。

2.iPhoneのイラストをクリックし、次の画面で自分のiPhoneに起きている症状をクリックします。

3.「持ち込み修理」を選択し、Apple IDとパスワードを使ってサインインします。

4.「現在地」の欄に住所を入力し「検索」をクリックします。5.出てきた店舗の中から来店したい店舗をクリックし、日時を選択します。表示される店舗の電話番号も一緒に控えておきましょう。

今回実際に手続きして分かったこと3つ!

1. 来店予約できなかった場合は朝一で行くべき

私の場合すでに来店店舗の予約が埋まっていたので開店10分前にお店の前に並びました。開店20分後には行列ができており、座席スペースにすら座れない方がほとんどでした。予約できなかった場合は朝一狙いですね。

2. 本人確認書類の提示はいらない?一応持参しよう

Appleサポートのページには、持ち込み修理の際に運転免許証パスポートを持参するよう記載されていますが、一連の手続きの中で一度も提示していません。

「このiPhone7は妻が契約者なんですが…」と来店時に伝えたんですが、結局最後まで何も提示することはありませんでした。

端末の問診前に、「本日万が一交換になった場合にApple IDのパスワードを入力できるか」を尋ねられたぐらいです。アクティベーションロックだと手続きできないけど、そうでなければApple Careにも入ってるし問題ないよってスタンスなのでしょうか。

とはいえ、持参しなくてもいいと推奨しているわけではなく、Appleサポートのページには持参するよう記載されているので持っていきましょう!

3. 保証期間ギリギリで端末交換すれば少しだけオトクに!

交換後のiPhoneにも保証があります。iPhoneを交換した日から90日もしくはApple Careの保証の残り期間のいずれか長い方の期間の保証が適用されます。今回もらった作業完了報告書にも書いてありました。Apple Careの残り期間が30日くらいしか無かったのでこれはありがたい!
これは私が来店した店舗の独自施策などではなく、きちんとAppleサポートのページにも記載されています。

iPhoneの修理 – Appleサポートより引用

最後に

やはりサービスプロバイダはもう少し増やしてほしいですね。帰る頃にはかなりの行列でした。明らかに店舗数足りてないです。

ただスタッフの方は非常に手際が良く、手続き自体はスムーズに進みました。バッテリーも新しくなったし、まだしばらくは現役で使えそうです。

これからiPhoneの修理や交換を検討されている方はぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました