iPhoneがフリーズして動かない時や電源が入らない場合の強制再起動の手順

初期設定・使い方

iPhoneを使用していると急に画面がフリーズしたり、画面が真っ暗になり操作できなくなる事があります。これは故障ではなく、どのiPhoneでも起こりうる動作不良です。

このようなケースでは、画面がそもそも反応しないため通常の電源オフの操作ができなくなることがあります。そのようなときは、強制的に電源を再起動する操作が必要になります。

このページでは、iPhoneを強制再起動する手順を詳しくまとめています。

強制再起動が必要なケース

以下のケースでは強制再起動が有効です。

  • iPhoneがフリーズし操作が出来ない場合
  • 画面が真っ暗になり動かない場合
  • その他、iPhoneが通常の再起動手順を受け付けない場合

iPhoneの一時的な動作不良(動作が遅い、電池の減りが早い、発着信不可、通信の接続不良、アプリが起動できない等)については、まずは通常の再起動で対処してみましょう。

強制再起動を実施する際の注意点

  • 基本的には端末内に保存されているデータは失われませんが、直前に実施していた作業やアプリ内データ等は消失してしまう可能性があります。
  • iPhoneをUSBケーブルでPCやコンセントと接続したまま強制再起動を実施すると、リカバリーモードに移行してしまう可能性があります(最後の電源キーを押し続ける長さ以外の操作が共通のため)。そのため必ずiPhoneをUSBケーブルから外して実施して下さい。

強制再起動(リセット)手順

iPhone8・8Plus・X 以降

  1. 音量上キーを押してすぐ離し、音量下キーを押してすぐ離し、最後に電源キー(サイドボタン)を長押し
  2. Appleロゴ(リンゴのマーク)が表示されたら指を離します

iPhone7・7Plus

  1. 音量下キーと電源キー(サイドボタン)を同時に約10秒程度長押し
  2. Appleロゴ(リンゴのマーク)が表示されたら指を離します

iPhone6s・6sPlus以前(iPhoneSE含む)

  1. 電源キー(サイドボタン)とホームボタンを同時に約10秒程度長押し
  2. Appleロゴ(リンゴのマーク)が表示されたら指を離します

まとめ

iPhoneの強制再起動の手順は機種ごとに異なります。よく機種変更される方は強制再起動の手順が変わっているかもしれませんので、今一度確認しておきましょう。

強制再起動を実施する際は必ずケーブルを外して実施しましょう。

タイトルとURLをコピーしました