【2021年6月】携帯4社のスマホ新料金プランを徹底比較!あなたに合ったおすすめプランを紹介

iPhone

新しく始まった新料金プラン、どれがいいのかよく分からない…

携帯大手3社と楽天モバイルで新料金プランがスタートしましたが、どのプランにすべきかいまだに迷っている人も多いと思います。よく分からず結局そのまま…という方も多いのではないでしょうか。

このページでは、4つのスマホ新料金プランの違いや、各プランのメリット・デメリットについて詳しく解説しています。

これから乗換えを検討している方はぜひ参考にしてみて下さい!

携帯4社の新料金プランを徹底比較!

4つの新料金プランを以下の表にまとめました!

 ahamopovoLINEMORakuten UN-LIMIT VI
キャリアドコモauソフトバンク楽天モバイル
月額料金2,700円
(税込2,970円)
2,480円
(税込2,728円)
2,480円
(税込2,728円)
~1GB:0円
~3GB:税込1,078円
~20GB:税込2,178円
20GB超:税込3,278円
ネットワーク5G/4G5G/4G5G/4G5G/4G
月間データ容量20GB20GB20GB無制限
データ追加購入1GB:550円(税込)1GB:550円(税込)1GB:550円(税込)1GB:550円(税込)
超過時の通信速度最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps楽天基地局:無制限
パートナー回線エリア:5GB超過で最大1Mbps
国内通話料金
(税込)
5分以内無料
(超過時は30秒あたり22円)
30秒あたり22円30秒あたり22円30秒あたり22円
(Rakuten Linkアプリ未使用時)
通話し放題(税込)5分以内無料
月1,100円でかけ放題
月550円で5分以内無料
月1,650円でかけ放題
月550円で5分以内無料
月1,650円でかけ放題
Rakuten Linkアプリ利用でかけ放題
契約者の年齢制限20歳以上20歳以上18歳以上
(eSIMは20歳以上)
誰でも可
(18歳未満は楽天モバイルショップの実店舗のみ申し込み可能)
キャリアメール ×××2021年夏頃に提供
SMS
eSIM×
(新規・MNPのみ)
対応機種詳細はコチラ詳細はコチラ詳細はコチラ詳細はコチラ
超過時の通信速度最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps楽天基地局:無制限
パートナー回線エリア:5GB超過で最大1Mbps

上記の表からも分かるように、楽天モバイル以外のキャリアは料金プランの内容が似ています!

ahamoに比べ5分以内無料をオプション扱いにしているpovoとLINEMOの方が若干安く運用ができます!ただしこの2つのプランは、5分以内の通話を無料にするオプションを付けると、月額料金がahamoより高くなってしまうので注意が必要です。

極限まで料金を抑えたい方は、楽天モバイルがおすすめ!月1GB以内に抑えれば0円になるのは魅力的です。

各プランのメリット・デメリット

1.ahamo

ahamoはドコモが提供している新料金プランで、ざっくり説明するとデータ容量20GB5分以内の通話かけ放題がセットになったプランです。

月額2,970円(税込)で、povoやLINEMOと比較すると242円(税込)高くなっていますが、povoやLINEMOに5分以内の通話かけ放題を付けるとahamoより高くなります。

5分以内の通話を月に何度か利用する方はahamoにしておきましょう!

申込み手続きはahamo専用サイト(WEB)のみとなっていますが、今は有料(3,300円)で店頭でも手伝ってくれます。

公式 ahamo

2.povo

povoはKDDI(au)が提供している新料金プランで、データ容量20GBのプランです。

月額2,728円(税込)ですが、利用者に合わせたトッピング(有料オプション)が魅力!

トッピング金額(税込)
5分以内通話かけ放題550円
通話かけ放題1,650円
24時間データ使い放題220円
データ追加 1GB550円

例えば仕事やプライベートで1日だけたくさんデータ通信をする日があれば、+220円でその日はデータが使い放題になります!これをうまく活用できれば、他社で通信速度規制になってしまう方もpovoにすれば大丈夫かもしれません。

公式 povo

3.LINEMO

LINEMOはソフトバンクが提供している新料金プランです。データ容量は20GBで、月額料金は2,728円(税込)ですが、povoと同様5分以内のかけ放題はオプションになっています。

LINEMOのメリットは、LINEのトークや通話やGBのカウントがされない点!LINEを普段からよく利用する方はLINEMOにするのもアリです。2021年夏から700万種類以上のLINEスタンプが使い放題になるようです。

普段からLINEをあまり利用しない方は、ahamoやpovoの方がいいかもしれません。

公式 LINEMO

4.Rakuten UN-LIMIT VI

Rakuten UN-LIMIT VI は、楽天モバイルが提供している新料金プランで、他の3社とは中身が大きく異なります。

参照:楽天モバイル

1か月の利用GB数を1GB以内に抑える事で月額料金がなんと0円になります!20GB以内でも2,178円(税込)なので、他社と比較してもかなり安いです。

その他のメリットとして、楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)が楽天モバイルを契約しているだけで+1倍になります。普段から楽天市場でたくさんお買い物している方はRakuten UN-LIMIT VIにするか、もしくは副回線として契約するのもアリですよ!

さらに2021年夏頃よりキャリアメールも提供予定。

公式 楽天モバイル

結局どれにすべき?

ここまでの内容をまとめると…

  • 月5分以内の通話を何度か利用する方
    ahamoRakuten UN-LIMIT VI
  • 時間を気にせずたくさん通話したい方
    ahamo(+有料OP:1,100円)
      Rakuten UN-LIMIT VI (Rakuten Linkアプリで発信)
  • 月20GB以内のデータ通信はするけど通話はほとんどしない
    povoLINEMORakuten UN-LIMIT VI
  • LINEでのやり取りがメイン
    LINEMO
  • データ量は月20GBで足りるけど、月に1日~数日だけ無制限でデータ通信したい
    povo

ざっくりとこんな感じ!

さいごに

今後各社で新たなサービスが付与されたり料金が改定される可能性はありますが、現時点ではahamo・povo・LINEMOはそこまで大きな違いはないです。

4社どれも長短はありますが、個人的にはahamo か Rakuten UN-LIMIT VI がオススメです!

「まだ迷っていて決められない!」という方は、今使っているキャリアの新プランにするか、Rakuten UN-LIMIT VI に変更するのもアリ!

今回ここで紹介した新料金プラン以外にも、MVNO(格安SIM)に乗換えする選択肢もあります。

1か月にあまりデータ通信をしない方であれば、もっと月額料金の低いプランが選べます。月額1,000円前後で利用できるプランも結構あるので、興味のある方は一度チェックしてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました