iPhone・iPadでPS4をリモートプレイ!アプリのインストール~初期設定手順を解説!

アプリ・Webサービス

3/7にリリースされたPS4のソフトウェアバージョン6.50にアップデートすることで、iOS端末でのリモートプレイが可能になりました。
Wi-Fi環境下であれば、自宅だけでなく外出先でもiOS端末でPS4のリモートプレイができます。

PS4とiPhone・iPadをお持ちの方はぜひ設定してみましょう。

PS4 Remote Playの設定手順〜使い方

1.事前準備

以下のものが必要になります。

  • iPhoneもしくはiPad(iOS12.1以降)
  • PS4(ソフトウェアバージョン6.50にアップデート)
  • PSNアカウント
  • Wi-Fi環境

2.初期設定手順

    1. PSNアカウントにサインインした状態のPS4で、「設定」→「リモートプレイ接続設定」を選択します。

    2. 「リモートプレイを有効にする」にチェックします。

    3. iPhoneに、「PS4 Remote Play」アプリをインストールします。
      PS4 Remote Play

      PS4 Remote Play

      PlayStation Mobile Inc.無料posted withアプリーチ

    4. アプリを起動し、「はじめる」をタップします。

    5. PSNアカウントでサインインします。

    6. 接続が始まるので待機します。

    7. PS4の画面が表示されれば接続完了です。

3.iPhoneでPS4をリモートプレイ!

iPhone・iPadでは画面の向きによってゲームの操作が若干異なります。

縦向き

横向き

横向きの方が画面が大きいので解像度は高いですが、操作中は画面を手で覆ってしまうため、ゲームによってはプレイに支障が出ます。

縦向きでのプレイだと画面は非常に小さいですが、画面下のコントローラー操作は横向きに比べるとかなり操作しやすいです。

音質に関してはPS4でのプレイ時と変わらないです。

コマンド入力時の遅延に関しては、自宅でのプレイではほとんど気にならないレベルでしたが、外出先のWi-Fiでのプレイは不安定でした。接続しているWi-Fiの通信速度によって、画質が低下したり遅延が起こります。Wi-Fiの通信速度が低すぎると、接続自体が完了できないことがあります。

【追記】10/1からDUALSHOCK 4でリモートプレイの操作が可能に!

iPhone・iPadがとうとうDUALSHOCK 4での操作が可能になりました。

PS4 Remote Play」アプリの操作だけでなく、コントローラーでの操作に対応したアプリや、Apple Arcadeでの操作も可能です!

iPhoneはiOS 13以降、iPadはiPad OSへ事前にアップデートし、PS4はソフトウェア バージョン7.00にアップデートしておく必要があります。

iOS 端末とDUALSHOCK 4のペアリング手順

  1. コントローラーの背面にあるライトバーが消灯した状態で、SHAREボタンとPSボタンを長押しします。

  2. iPhoneで設定Bluetoothをタップし、BluetoothをONにします。画面に表示された「DUAL SHOCK 4 Wireless Controller」をタップし、「接続済み」と表示されれば完了です。

DUALSHOCK 4を再度PS4で利用する際は、USBケーブルでPS4と接続した上でPSボタンを押す必要があります。

最後に

画質や音質に関しては、自宅のWi-Fi環境下で検証しただけなので、通信速度によっては劣化が見られるかもしれません。

先日のアップデートで、コントローラーでの操作が可能になったので、かなり快適にプレイが出来ます!

PS4 Remote Playは無料で利用できるので、興味のある方はぜひ設定してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました