iPhone用のケースは「iFace」がおすすめ!製品の特長を分かりやすく解説

ガジェット・家電

iFaceって良く聞く名前だけど、具体的にはどういう商品なの?

iFaceとは一言で表すならば、iPhoneユーザー向けに販売されている「あらゆる傷・衝撃からiPhoneを守るケース」です。

現在は色々な形態のiPhoneケースが市場に出回っていますが、iFaceは手帳型のような煩わしさは一切なく、なのに非常にハードなケースということで男女年齢問わず注目されています。

iFaceのメリット

1.とにかく頑丈!

この商品の良い点は何といってもその”頑丈さ“。表面のツルツルした部分は「ポリカーボネート」と呼ばれる車の素材にも使われるような超硬い素材が使用されています。車に使われる素材だから当たり前なんですが、全く壊れる気配がしません。

そして縁の部分は「TPU」と呼ばれるプラスチックの一種が使われています。

プラスチックと言うと硬くて衝撃を吸収なんてしてくれ無さそう…と思う方もいるかもしれません。TPUはただのプラスチックではなく、ウレタン樹脂とも呼ばれる弾力性のある柔らかいプラスチックです。

シリコンのように衝撃を吸収する素材で、ガラスのようにしっかりと形を保てる素材がTPUなんですよね。

2.豊富なカラーバリエーション。

iFace First Classシリーズは11種類ものカラバリがあるんです。ホワイト・ブラック・レッド・ブルー・グリーンといったスタンダードなカラーから、深みのあるホットピンク、パステルカラーで可愛いベビーピンクやミントなど、様々なカラーリングを楽しむことができます。男女年代問わずに人気なホワイトを筆頭に、女性に圧倒的人気なベビーピンク、仕事用にもぴったりなブラック、ちょっぴり変わり種のミント…あなたは何色を選びますか?

iFace Reflectionシリーズは、背面が強化ガラスになっていて、縁の部分は同じくTPU素材になっています。背面が透明なので、Appleのロゴが隠れないのもポイント!カラバリは全部で9種類。

3.持ちやすい設計

「iFaceって結局頑丈で色がいっぱいあるだけじゃないの?」

ここまで記事を読まれた方が辿り着く一つの終着点だと思います。いえいえ!iFaceは他にも良いところが沢山あるんです。何よりも頑丈さとカラバリの豊富さが売りのiFaceですが、「持ちやすさ」も一つのセールスポイントなんです。女性のSラインをイメージした「くびれ」によって、握りやすく落としづらい設計になっています。

その他にも、iFaceは画面が直接触れないように、TPU部分が少し盛り上がっています。これによって、机に置いた時も画面がぶつかることはなく、もし万が一落としてしまった場合にもTPU部分が画面を守ってくれるんです。

デメリット

iFaceの表面のポリカーボネート部分はツルツルで触り心地が最高なんですが、兎にも角にも指紋が付きやすい!ふとした瞬間に、照明や自然光の反射で指紋が付いているのか目に留まってしまいます。デメリットといってもこれは気になる方、気にならない方がいると思われる点なんですよね。

ホワイトやベビーピンクといった薄い色合いの商品はそこまで気にならないんですが、ブラックなどの深みのある色合いであると余計に目についてしまうかも知れません。

さいごに

ここまでiFaceの良い点、ちょっぴり残念な点を述べましたが、2600円(+税)なので下手な手帳型ケースを買うよりも安価なところ、何年使っても壊れる気配はしない(私は2年以上使っています。3年目も余裕そう)ところなど買って損はない内容かと思います。

シンプルなデザインが好きな方、傷が気になるけど手帳型は煩わしい方、よくiPhoneを落としてしまう方、iFaceはいかがでしょうか?

Hamee(ハミィ)特設ページ|Amazon

iFaceは偽造品が多く流通していますので、必ずHamee(ハミィ)から販売されているものを購入しましょう。
タイトルとURLをコピーしました