Appleが「AirPods Pro」を10月30日に発売!旧モデルと何が変わったのか比較!

ガジェット・家電

Appleが従来のAirPodsの上位にあたる「AirPods Pro」を10月30日に発売しました。

SONYのWF-1000XM3と同様に、AirPos Proにもノイズキャンセリング機能が付いたので、これはちょっと期待。

正直な所、「前のモデルと何が変わったのか全然分からん!」という人のために、第2世代のAirPodsと比較して表にまとめました。

「AirPods Pro」と「AirPods」を比較

AirPods Pro

AirPods(第2世代)

価格(税別)

27,800円

Wireless Charging Case 付属

22,800円

Wireless Charging Case 付属
Wireless Charging Case無し は17,800円

サイズ

21.8 × 24.0 × 30.9 mm
各 5.4g

16.5 × 18.0 × 40.5 mm
各 4g

周囲の音を遮断する
「アクティブノイズキャンセリング」

×

周囲の音を聞き取る
「外部音聞き取りモード」

×

チップ

H1チップ

H1チップ

バッテリー駆動時間
(1回の充電による再生時間)

最大4.5時間

音量50%で再生
アクティブノイズキャンセリングON

最大5時間

音量50%で再生

バッテリー駆動時間
(充電ケース併用時)

24時間以上

24時間以上

耐汗耐水性能

IPX4等級

×

AirPodsで
「再生・停止」「曲送り」「曲戻し」操作

感圧センサーによる操作

1回タップ→再生・一時停止・電話の応答
2回タップ→次の曲にスキップ
3回タップ→前の曲にスキップ
長押し→モード切替

本体のダブルタップによる操作

曲の再生・一時停止・次の曲/前の曲にスキップ
設定Bluetoothから事前に設定が必要)

デザインも旧モデルから大きく変わっています。うどんと表現されがちなの部分が短くなったので、何かに当たって落下するリスクは従来のものに比べ少なくなりそうです。

従来のAirPodsはインナーイヤー型イヤホンでしたが、今回のモデルはカナル型イヤホンに変わったので、より密閉性が高くなったといえます。シリコーン製のイヤーチップが3種類付属しているので、自分の耳に合わせて付け替えが可能。

機能面で大きく変わった点としては、やはりアクティブノイズキャンセリング機能。周囲の音をすばやく検知し、その音をかき消してくれるので、より音楽に集中できます。

その他にも「外部音聞き取りモード」が追加され、わざわざ耳から外さなくても、本体を長押しすれば周囲の音が聞き取れるようになります。

今回のAirPods Proから、IPX4相当の耐汗耐水性能に対応しました。生活防水なのでお風呂では使えませんが、汗が付いたり雨が少し当たる程度であれば問題なく利用できるレベルです。

今回のAirPods Proは、見た目以上に性能がかなり進化しているので、個人的には「買い」かなと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,293(2020/10/20 05:45:16時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました