【レビュー】低価格の無線キーボードはMK275がおすすめ!PS4・スイッチにも対応

ガジェット・家電

約2年ほどPS4・スイッチで使用していたワイヤレスキーボード「K275」で一部のキーが効かなくなったので買い替えを決意!子供がキーボードの上で飛び跳ねてしまったのが壊れた原因のようです(笑)。

ということで、今回は「MK275」というワイヤレスキーボードを購入しました!

「K275」はワイヤレスキーボード単品ですが、「MK275」はワイヤレスキーボード「K275」とワイヤレスマウスがセットになった商品。つまり前と同じキーボードを買ったわけです。

正直この機会に別のキーボードの購入も検討したのですが、やはり使い慣れたキーボードにしました!

このページでは、「MK275」のスペックや使用感について詳しくまとめています。

MK275の仕様・スペック

MK275のスペックは以下になります。

サイズキーボード:450 × 155 × 18(mm)
マウス:59.8 × 99.5 × 38.5(mm)
重量キーボード:470 g
マウス:74 g
レシーバー:2 g
キー構造メンブレン式
キーレイアウト日本語108キー
キーピッチ19mm
キーストローク3.2mm
バッテリー寿命キーボード:単4電池2本(※1)約24ヶ月
マウス:単3電池1本(※1)約12か月
(※1)電池はいずれも付属
無線方式・動作距離レシーバー(2.4GHz)・約10m
保証期間3年間

その他細かいスペックを知りたい方は公式サイトで見ることが出来ます!

開封~使用感まとめ

結構細長い箱にキーボードとマウスが入っています。

箱を開けるとこんな感じで入っています。

キーボードとマウス、レシーバー2種類。
その他、取説と保証書が同梱されています。

試供品ですが、キーボード・マウスそちらも電池が付属しています。

上は以前から使っていた方。下が今回購入したものです。全く同じかと思いきや、右上のロゴが変わっていました。

テンキー周りも全く同じ。ONOFFスイッチも同じ場所にあります。

背面には滑り止めが四隅にあります。ツメを立てると約8°の傾斜がつきます。

PS4やスイッチでは使いませんが、パソコンでは上部のショートカットキーがかなり役立ちます。

24インチのモニターの前に置いてみましたが、やはりテンキーが付いている分横幅が長いです。

打鍵音は静音かと言われると正直微妙ですが、個人的にはそこまで気になるほど大きい音ではないです。できる限り静音のキーボードを探している方は、別のキーボードを探した方が良さそうです。

とはいえ、この製品のメリットは他のキーボードに比べ価格がとにかく安い点が特徴。キーボード単体だと2,000円以下で買えるし、マウスとセットでも2,500円前後で買えちゃいます!それでいて特に大きな不満はないので、次また壊れても同じものを購入すると思います。

さいごに

PS4・ニンテンドースイッチ・パソコンで使えるワイヤレスキーボードですが、ショートカットキーが使える分やはりパソコンの方が活躍します!

「マウスはあるからいらない!」という方は、K275を購入しましょう!マウスが無いのでさらに安く手に入ります。

低価格のワイヤレスキーボードをお探しの方や、初めてワイヤレスキーボードを検討している方にはオススメのキーボードです。興味のある方はぜひ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました