【レビュー】Anker PowerPort III 65W Pod はiPhone・Macユーザー必携の充電器!

ガジェット・家電

現在急速充電器はかなり充実しています。種類が多いので正直どれにしようか迷いますが、外出先でiPhoneとMacBookを急速充電したい!という方に関しては、「Anker PowerPort III 65W Pod」がオススメです!

このページではAnker PowerPort III 65W Pod の仕様や、実際に使ってみて分かったことを詳しくまとめています。

仕様・スペック

Anker PowerPort III 65W Pod の製品仕様・スペックは以下になります。

サイズ(mm)約66 × 29 × 45
重量約121g
入力100 – 240V~2A 50 – 60Hz
出力5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=3.25A / PPS:3.3V-21V=3.09A
保証期間18か月
(Anker会員登録で+6か月延長)

開封〜使用感レビュー

今回の充電器もいつもと同じデザインの箱に入っています。

さっそく開封!

充電器本体と取説が入っています。本製品にはケーブルやポーチは付属していません。

コンセント部分は折り畳めるので持ち運びにはかなり便利です!

出力端子はUSB-Cのみ。

そのため、iPhoneを充電する場合はUSB-C – Lightningケーブル、MacBookを充電する場合は両方ともUSB-C端子になったケーブルが必要です。

USB-C – Lightningケーブルは、iPhone 12以降のモデルであれば購入時に付属しています。前モデルは、iPhone 11 Pro/Pro Maxに付属しています。

ということで、ケーブルもAnker製のものを購入しました。

個人的にはAnker製とかAmazon製のケーブルは純正のものより丈夫なので昔から愛用しています。純正より安いしホント長持ちするのでオススメですよ!

手が小さくてサイズ感が伝わりにくいですが、高出力で充電できる割に結構コンパクトです。

さいごに

ケーブルは別途用意する必要がありますが、外出先でiPhone・Macをどちらも充電したい方にはマジでオススメできる充電器です。

コンパクトで持ち運びにも便利ですが、自宅でも活躍すると思います。iPhone・Mac用の充電器をお探しの方はぜひ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました