【レビュー】ハイセンスの65インチ4Kテレビ「65E6G」を購入|コスパ最強なのに機能も充実!

ガジェット・家電

リビングに大きいテレビが欲しくなり、65インチのテレビを購入することに。ネットで物色していた所、最近は10万円以下で販売されている製品もちらほら…。

最初は日本製のテレビで探していましたが、やはり海外製と比べるとどうしても値段が高い!

いろいろ調べてみると、ハイセンスのテレビは東芝映像ソリューションとの共同開発による「NEOエンジン」が搭載されているのにどれも低価格!日本製と品質は大きく変わらない気がしたので、ハイセンスにすることにしました。

で、今回購入したのが2021年4月下旬に発売された65E6Gの4Kテレビ。65インチなのに、なんと9~10万円前後で購入できちゃいます!

このページでは、65E6Gのスペックや使用感について詳しくまとめています。

1.「65E6G・65A6G」の仕様・スペック

65E6G・65A6Gのスペックは以下になります。

本体サイズ
(幅 × 高さ × 奥行)
145.2 × 89.6 × 7.4 cm
画面寸法
(幅 × 高さ)
142.8 × 80.4 cm
本体重量16.7 kg
表示画素数3840 × 2160 ピクセル
パネル方式ADS / RGB
視野角178°
搭載エンジンNEOエンジンLite
チューナー地上デジタル ×2 / BS・CS110°デジタル ×2 / BS 4K・110°CS 4K ×1
HDMIポート数3
USBポート数2
搭載VODNetflix・YouTube・Amazon Prime Video・AbemaTV・hulu・dTV・U-NEXT・DMM.com・スカパー! on demand・TSUTAYA TV・Rakuten TV・Paravi
Wi-Fi利用可能
高画質機能4K復元/AIネット映像高画質処理/HDR再現処理/エリア別クリア復元/クリアノイズ処理/テクスチャー復元
高音質機能Eliex Prism/ダイレクトサウンド/自動音声モード/DOLBY AUDIO
低遅延ゲームモード
メーカー保証3年間

低価格モデルとは思えないほど様々な機能が備わっています。

個人的にビックリしたのが、テレビの外枠(ベゼル)がほとんど無い点!本モデルはベゼルレスを超える「ノンベゼル」設計になっており、さらに没入感がアップしています。

2.開封~組立

自宅に到着!デカすぎる…。玄関が狭いので結構ギリギリでした。

我が家のリビングで約10年使用した40インチ。近所のニトリでテレビ台が売り切れてたので、とりあえず同じテレビ台を使うことに!(テレビ台は子供がシールをいっぱい貼ってるので汚いです。)

同じ場所から撮影しましたが、テレビ台ごと隠れるくらいデカイです。

メーカー保証が3年付いています。初期不良と自然故障が怖いので、これはありがたいです。

Amazonの設置料110円をケチったので、一人で開封から設置まで行うことに。

まずは箱に計4つ付いている黒い留め具を外す作業。ちょっと押さえながら引っ張れば簡単に取れます。

上部の段ボールを持ち上げていざ開封!写真では伝わりませんが、上の段ボールを外すのもかなり大変…。このあたりで設置料110円をケチった事に後悔し始めました。

同梱品はこんな感じ。TVリモコンや電源ケーブル、転倒防止のストッパーなどが入っています。

付属のTVリモコン。かなり前のテレビからの買い替えなので、VODサービスのボタンが配置されているのを見てちょっと感動!シンプルながらも必要なボタンは全て揃っています。

いやいや、早くテレビを設置せねば!
まずは液晶側を保護してる段ボールを外します。

覆われている袋を外してテレビを持ち上げたものの、テレビを支えるスタンドが付いてない事に気付き、急いで箱に戻した図。

スタンドを探す事約5分…。

上部の段ボールの中にありました。発泡スチロールを取り外すとスタンドが2つ。マジで無いかと思ったよ。

家にあるクッションでテレビを浮かせてスタンドを取り付け。この取り付け方法は絶対間違ってるので真似しないように!

頑張って持ち上げてテレビ台に設置!購入を考えている人は業者の方に設置をお願いするか、せめて二人で作業しましょう。

初期設定自体は非常にカンタンでした。一緒にWi-Fiの初期設定も済ませればVODもすぐに利用できます。

3.65E6Gの使用感

リモコンにあるVODボタン6つ以外にも、使えるVODサービスはかなり多いです!

リモコンの「ホーム」を押すと一覧が表示されるので、ここで選択すれば上記のように様々なVODが起動できます。

さっそくプライムビデオで大好きなドラゴンボールを視聴しましたが、画質はすごく綺麗!

想定外でしたが、テレビの音質も思ってたよりもかなり良かったです!音質にそこまでこだわりがない人は、外部スピーカー無しで充分かと思います。

いや~画質も綺麗で動きもすごくなめらか!
めっちゃテンション上がる!!!

このテレビ、実は液晶の光沢が結構強め。アニメや映画を楽しむつもりで購入したので個人的には大当たりでしたが、使う人によっては暗い背景の部分で映り込みが少し気になると思います。

とはいえ映り込みに関しては、お部屋を暗くすればほとんど気にならなくなりますよ!

お部屋を真っ暗にしてプライムビデオを起動!映り込みも無くなりかなり見やすくなりました。

VODサービスは起動後もリモコンだけでカンタンに操作できます。

プライムビデオに4Kコンテンツがあったので視聴!発色も色鮮やかな点は光沢液晶のメリットですね。

没入感が凄すぎて見入ってしまいました。

久々にイイ買い物をしたな~としみじみ。これで約9〜10万円なので、買い替えを検討している方はE6Gシリーズはおすすめですよ!

その他にもE6Gシリーズは43インチ・50インチ・55インチがありどれも高コスパですが、中でも50インチはかなりお買い得です。

せっかくテレビを購入したので、録画用のHDDも購入!

4TBと大容量なのに約9,000円前後とかなりお買い得です!ちなみに65E6Gはハブを使えば同時に4台までHDDが接続できます。

電源アダプタとUSBケーブルは付属しています。USBケーブルでHDDをそのままテレビに繋げばOK!

USB入力1は録画用HDDは認識できない仕様なので、USB入力2の方に接続します。

あとはTVのリモコンで「設定」ボタンを押し、「録画・再生設定」⇒「通常録画用USBハードディスク設定」を選択し初期設定が終われば完了!初期設定もすごくカンタンです。

4.E6GシリーズとA6Gシリーズの違いは?

購入前に気になったのが、通販サイトやハイセンス公式サイトで『E6G』と『A6G』という型番が販売されている点。

この2つ、スペックが全く同じで取説を見ても何が違うのか分かりませんでした。

どこが違うのか気になって仕方ないのでハイセンスのサポートに問い合わせて確認した所、E6GシリーズとA6Gシリーズの中身は全く同じで、販売経路によって型番を分けて出荷しているとの事でした。

なので購入を考えている人はどちらを買ってもスペックが同じなので、その時の安い方を購入しましょう!

5.さいごに

65インチは量販店で見たときよりも想像以上にデカかったです。ぶっちゃけ50インチでも良かったかな…と思いましたが、使うとすぐに慣れました。

とにかく映像が綺麗な点だけでなく、音質も外部スピーカー無しでも充分使える点もおすすめです。

65E6G
Hisense(ハイセンス)
¥86,044(2021/08/23 15:22時点)

ちなみにAmazonの方が安い事が多いですが、ポイント還元も考慮すると楽天の方が安くなる事が多いです。

購入を検討している方は是非!

テレビの設置はかなり大変なので、必ず業者の方に設置してもらいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました