iCloudの共有アルバムを活用しよう!自分一人での利用や、家族との共有も便利!

初期設定・使い方

現在iCloudにはメディアをクラウド上で管理できるサービスが3種類あり、iCloudフォトライブラリ・マイフォトストリーム・共有アルバムがあります。iPhone・iPadユーザーにはどれも非常に便利な機能です!

今回はこの3つの中で、実際に私がメインで利用している共有アルバムの便利な使い方について紹介します。

iCloudの共有アルバムとは

共有アルバムの本来の用途としては、「写真」アプリ上で新規共有アルバムを作成し、家族や友人を招待し、アップロードした写真をグループ内だけで閲覧したりコメントを付けたりする機能です。

SNSに似ていますが、共有アルバムを作成した「オーナー」と、「招待された方」しか写真・動画を投稿・閲覧できないので、SNSよりもクローズドな利用ができます。

1.共有アルバムのメリット

共有アルバムには以下のメリットがあります。

  1. アップロードした写真はiCloudストレージの消費量としてカウントされない。
  2. 招待されたグループ内で「写真」アプリから共有アルバム内の写真をいつでも閲覧できる。
  3. 1つの共有アルバム内に5000枚までの写真・ビデオを保存できる。
  4. 一人200個まで共有アルバムを作成できる。
  5. 共有アルバム作成時に誰も招待しなければ一人で利用できる。
  6. iPhoneに入っている写真をPCに取り込む際に、ケーブルで接続する必要がない。PCの写真を簡単にiPhoneに取り込める。
  7. 共有アルバム内のデータはクラウド上なので、iPhoneを紛失・故障・水没させてしまっても消失しない。

つい最近まで100フォルダまで作成可能でしたが、現在は200フォルダまで作成可能です。5000枚×200フォルダで最大100万枚まで保存できます。100万枚と言われてもピンとこないかもしれませんが、1日100枚を毎日アップロードし続けても約27年4か月くらいかかります・・・

CHECK!

一つのAppleIDで複数のiOS端末を利用している場合、全ての共有アルバム(アルバム内データ含む)も共有します。
同一の所有者であれば問題ないですが、家族で一つのAppleIDを共有して使っている場合は注意が必要です。

2.共有アルバムのデメリット

共有アルバムには上記のようにメリットがたくさんありますが、デメリットもいくつかあります。

  1. 共有されたビデオを再生する際にインターネット通信を使用するので、Wi-Fi環境がないと通信量が大きくなる。
  2. 画像の閲覧時に長辺が2048ピクセルの解像度で配信される。動画は最長15分、画質は最大720pで配信される。
  3. 共有アルバムを誤って削除してしまうと共有アルバム内の全データが無くなる。

①に関しては、設定モバイル通信(もしくはモバイルデータ通信)と進み、画面を少し下にスクロールし、項目内の「写真」をオフにする事で、4G環境で共有アルバム内の動画再生が出来なくなります。

3.共有アルバムの制限

共有アルバムに投稿できる枚数に関しては、共有アルバムの参加者1名ごとに1時間/1日あたりの制限が設けられています。通常の利用の範囲ではまず該当することはないですが、以下のとおりです。

参加者1名が1時間/1日ごとに投稿できる最大枚数
1時間1000件
1日10000件

参照:マイフォトストリームと共有アルバムの制限-Appleサポート

実際にiCloudの共有アルバム機能を使ってみよう!

1.共有アルバムを作成~自分一人で利用・家族と共有

1.設定アプリを起動し、一番上の名前の欄をタップします。

2.上から4番目にあるiCloudをタップします。

3.次画面で写真をタップし、共有アルバムをオンにします。

4.「写真」アプリを起動します。画面下に項目が4つありますが、アルバムを選択します。

5.画面左上にある+をタップし、「新規共有アルバム」をタップします。

6.アルバム名を入力し、右上の「次へ」をタップします。

7.招待したい人を入力し、「作成」をタップします。自分一人で利用する場合は、宛先に誰も入力しなければOK!

8.共有アルバムを開き、+マークをタップすると、カメラロール内の写真の選択になります。追加したい写真を選択することで、共有アルバム内に追加することができます。

共有アルバムの下にある「メンバー」を選択し、次画面で「参加依頼」をタップすると、共有したい方を招待できます。

2.PCでiCloudを利用できる状態にし、同じ共有アルバムを利用できる状態にする

自分のPCと共有アルバムをシェアしたい場合は、さらに以下の設定が必要になります。

1.Windows用iCloudをダウンロードする-Appleサポートにアクセスし、iCloud for Windowsをダウンロード・インストールします。

2.iCloudの画面で、iPhoneと同じAppleIDでサインインします。

3.同期の必要がない項目はチェックを外し、画面右下の適用をクリックします。

4.PCに追加された「iCloudフォト」を起動すると、既に作成した共有アルバムが表示されます。

PCに写真を保存したい場合は、保存したい写真をクリックします。写真が拡大表示されたら右クリックし、名前を付けて保存を選択します。

iCloudフォトからPCに取り込みたい写真が複数枚ある場合

1.iCloudフォト内の任意の写真で右クリックし、ファイルの場所を開くを選択します。

2.表示されたフォルダ内で、PCに保存したい写真をコピーし、保存先にペーストします。

上記フォルダ内で写真のカット(切り取り)や削除はしないようにしましょう。
PCから共有アルバム上に写真をアップロードする際もこのフォルダには追加せず、「iCloudフォト」を開き、写真またはビデオを追加をクリックし追加してください。

3.共有アルバムの活用例

友人や家族と共有するのがメインの使い方ですが、普段のLINEのやり取りに加えて共有アルバムもぜひ活用してみましょう!
LINEだと写真がトーク内容で上に流されてしまったり、LINEで受け取った写真を拡大表示していなかった場合は、LINE側での保持期間を過ぎると見れなくなるケースもあります。共有アルバムであればその心配もありません。

実際に私は夫婦でiPhoneを使用しているので、子供の写真を共有アルバムでシェアしています。

他にも、旅行に行ったメンバーみんなで写真を共有すれば楽しそうですね!

タイトルとURLをコピーしました