iOS13で何が変わる?実装された新機能や変更点を厳選して紹介!

iPhone

とうとうiOS 13へのメジャーアップデートが9月20日にリリースされました!

これまでのiOS 12と比較すると、変更点が多いので注意が必要ですが、個人的には使い勝手が大きく向上したのでかなり気に入っています。

iOS 13にアップデートすることで新たに追加される機能を紹介します。

iOS 13にアップデートが可能な機種

iOS13に対応している機種は、以下のiPhoneおよびiPod Touchです。

  • iPhone SE
  • iPhone 6s以降のiPhone
  • iPod touch(第 7 世代)

iOS12はiPhone 5s以降をサポートしていましたが、iOS13ではiPhone 5siPhone 6が対象外になりました。

iOS13で実装された新機能・変更点

1.「ダークモード」機能の追加

ダークモードは、背景色を暗くすることで、バッテリー消費を抑えたり、目の負担を抑えて暗い場所でも見やすくする機能です。ダークモードに対応しているアプリであれば、黒い背景に白文字で表示されます。

この機能は手動でON/OFFを切り替える以外にも、決まった時刻で自動でON/OFFしたり、日の入~日の出まで自動でONにしたりすることも可能です。

 

2.省データモード

省データモードをONにすることで、モバイル通信またはWi-Fiネットワークでのデータ使用量を減らすことが可能です。

この機能をONにすることでデータ通信がOFFになったり少なくなる項目は以下の7つです。

  • 写真をiCloudと同期しなくなる
  • App Storeにあるビデオの自動再生・自動アップデート・自動ダウンロードがOFF
  • 「ミュージック」アプリの自動ダウンロードOFF
  • 音楽のストリーミングが低帯域幅(低ビットレート)用に最適化
  • FaceTimeのビデオが低帯域幅用に最適化
  • Podcastの自動ダウンロードがOFF
  • アプリのバックグラウンド通信

Wi-Fiの省データモードの設定方法は、「設定」→「Wi-Fi」を選択し、SSIDの右にあるマークをタップします。

Wi-Fiの省データモードは、SSIDごとにON・OFF設定が可能です。

4Gで省データモードを設定する場合は、「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」と進みます。

2.写真とカメラ機能の追加

iOS13では、ポートレートライティングで光の強弱の変更が可能になります。その他、写真を撮影した後にモノクロのエフェクトを追加できます。

写真アプリでは、「年別」「月別」「日別」ごとに表示する機能が進化し、写真のプレビューが大きく表示されるので、目的の写真がより探しやすくなります。

3.AirPodsを使ったオーディオ共有

1台のiPhoneに対して2つのAirPodsをペアリングすることで、二人で同じ音楽を視聴できるようになります。

4.「ショートカット」アプリを内蔵

今後はショートカットアプリが内蔵され、ショートカットをすべてここにまとめておくことが出来るようになります。

今までは「Launcher」という他社アプリを使ってウィジェット上に設置していましたが、標準で備わったので非常に便利です。

5.アプリの起動が最大2倍高速化

iOS 13にアップデートするだけでアプリの起動速度が最大2倍になります。

6.Face IDロック解除の高速化

Face IDでのロック解除が最大30%も早くなります。画面のロック解除は1日に何度も行うので、これは非常に助かりますね。

7.アプリのダウンロード・アップデート時のサイズの縮小

アプリのダウンロード時のサイズが最大50%、アップデート時のサイズが最大60%小さくなります。

8.Apple Arcadeが利用可能に!

iOS 13ではApple Arcadeが月額600円で利用できるようになります。

100以上のタイトルが遊び放題で、追加課金や広告の表示は一切ありません。

1か月の無料トライアルがあるので、どんなタイトルがあるか気になる方は、1か月だけプレイしてみましょう!

9.バッテリーの充電を最適化し、バッテリーの劣化速度を抑える

フル充電された時間が長くなるとバッテリーの劣化速度に影響が出ます。

iOS 13ではフル充電されている時間を短くするため、iPhoneが充電を開始したあと80%に到達した時点で充電を一旦保留します。次に使い始める時間を学習し、そのタイミングに合わせて充電を再開します。

タイトルとURLをコピーしました