iPhoneの画面をPCに出力できる無料ソフト「ApowerMirror」がかなり便利!

アプリ・Webサービス

iPhoneの画面をもっと大きい画面で見たいなぁ!

PC向けに提供されている無料ソフト「ApowerMirror」と、iPhoneの「画面ミラーリング」機能を利用すれば、iPhoneの画面を簡単にPCに出力することができます。

iPhoneの画面をPCに出力することで、

  • PC画面で写真・動画を閲覧
  • PC画面でゲームを楽しむ
  • PCに出力したiPhoneの画面を撮影・録画
  • iPhoneを会議・セミナー等のプレゼンで活用

上記のようなことができます。

このような用途であれば、有料ソフトを買ったり専用ケーブルを購入しなくてもOK!

以前はLonelyScreenという無料ソフトを使ってましたが、一定時間おきにポップアップが表示されてしまうのが難点。
個人的にはApowerMirrorの方がおすすめです!

このページでは、ApowerMirrorのインストール方法~使い方まで画像付きで解説しています。

ApowerMirror の概要

ApowerMirrorは、Apowersoft社の提供する無料アプリケーションです。

iOS・Android端末の画面をPCにミラーリングできるだけでなく、キャプチャ撮影や録画も可能。

本ソフトはWindows・Macどちらでも利用可能です。

有料版であれば画面下の透かしがなくなり、ホワイトボード機能で線を引いたりすることが可能になります。

PCに画面をミラーリングしたり、撮影・録画くらいの用途なら、無料アカウント版でOK!
画面下の「透かし」も小さいので、無料版で問題ないです。

【事前準備】あらかじめ必要なもの

自宅PCへのミラーリングをする場合、最低限必要なものは以下になります。

  • iPhone(iOS 11以降)
  • パソコン
  • インターネット環境+無線LANルーター

すでに自宅でWi-Fiが利用できる方は問題ないです。

自宅にインターネット環境がなかったり、無線LANルーターを用意していない場合は利用できません。

ただし、外出先にあるWi-Fiでの利用(勤務先・カフェ・宿泊先のホテル)を想定している方であれば、ノートPCさえあれば利用可能です。

インストール手順

  1. お使いのPCで、ApowerMirrorのページにアクセスし、「今すぐダウンロード」をクリックします。

  2. ダウンロードしたファイルを開き、「今すぐインストール」をクリックします。
    インストール完了後に「今すぐ開く」をクリックします。

  3. 「無料のアカウント」内の下にある「登録」をクリックします。

  4. ログイン画面下にある登録をクリックし、メールアドレス・認証コード・パスワードを入力します。(認証コードは入力したメールアドレス宛に届きます。)

  5. デスクトップ上に以下の画面が表示されればPC側の準備は完了です。

    iPhoneとPCを同じWi-Fiネットワークに接続するよう出てきますが、実際には同一のネットワークに接続されていれば利用可能なので、PCに関しては有線LANでも問題ないです。
  6. ミラーリングしたいiPhoneでコントロールセンターを表示し、画面ミラーリングを長押し(or 強くプレス)します。
    Apowersoftをタップすれば、5~10秒ほどで接続が完了します。

画面ミラーリングに「Apowersoft」の項目が表示されない場合は、以下の3つを確認しましょう。

  • iPhoneがWi-Fiに接続しているか
  • PCがiPhoneと同じWi-Fi(or 同一ネットワーク)に接続しているか
  • PC側で「ApowerMirror」を起動しているか

これでも表示されない場合は、iPhone・PCどちらも再起動してみましょう。

ApowerMirrorの使用感

ApowerMirrorでは、映像だけではなく音声もPC側に出力されます。

操作に関しては、iPhoneの場合はPC側では操作できません。通常通りiPhoneを操作して動かします。無料版でも画面キャプチャ・動画撮影ができるのは非常にありがたいです。

ミラーリングに関しては画質が非常に綺麗で、iPhoneとのラグもほとんどありません。
ただし、通信速度によってはラグが生じる場合があります。その場合は、「ディスプレイ設定」内にある「AirPlay解像度」と「最大FPS」を下げる事で、ある程度ラグを抑えることができます。

無料版のデメリットですが、画面下の透かしが常時表示されています。とはいえ、サイズも結構小さいのでそこまで気にならないかと思います。

全画面表示は有料ですが、横画面に対応しているアプリであれば、無料版でもほぼ全画面に近いサイズで表示できます。

上記の画像はちょっと分かりづらいですが、外側の黒い部分はPCのデスクトップ全体で、iPhoneの画面が9割くらいのサイズで出力できています。

無料版でこのサイズなら個人的には充分です!

ちなみにiPhoneをiOS 13へアップデートすることで、DUALSHOCK 4などのコントローラーとペアリングが可能になりました。

そのため、iPhoneの画面をPCに出力し、コントローラーでゲームを操作することも可能です!

iPhoneの画面を録画する際には、iPhoneの音声だけでなくPC側から出ている音も一緒に録音されます。

マイクの音を映像と一緒に録音する場合は、あらかじめ「キャプチャー設定」内のオーディオ入力を「システムサウンド&マイク」に変更しましょう。

【おまけ】テレビに出力する製品を購入して出力するのもアリ!

上記のやり方を見た上で、「ApowerMirrorの設定が少し難しい…」という方は、変換アダプタなどの製品を購入するのもアリです。

値段は少し高いですが、これがあるとPCモニターだけでなく、自宅のTVにも出力できます。非純正は出力できない製品が多いので、もし買うなら純正にしておきましょう!

その他にも、Apple TVを購入するのもアリ!もちろんiPhoneの画面を無線でテレビにミラーリングする機能も付いてます。値段は結構高め。

  • 4K画質で映画を楽しみたい!
  • iPhoneの画面もたまにテレビに出力したい!

ミラーリングだけでなく、4K画質で映画も楽しみたいという方向け。

さいごに

ApowerMirrorを使用することで、iPhoneの画面をPCに簡単に出力できます!

この記事ではゲームの画面を出力している画像を掲載していますが、iPhoneの画面をそのままミラーリングするソフトなので、ゲームに限らずどの画面でも出力することが可能です!

設定自体も簡単で、無料で使えるソフトなので、興味のある方はぜひ試してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました