【2023年版】microSDカードの選び方や、3,000円以下の価格帯でおすすめしたいmicroSDを4つ紹介!

ガジェット・家電

microSDを買いたいけどどれを買えばいいんだろう…
ランキングの上位を買えば大丈夫かな…

一昔前に比べるとmicroSDカードもかなり安くなり、種類も豊富になりました。
でも種類が多いので、どれを選べばいいか分かりにくいですよね。

通販サイトで売り上げランキング上位を買えばまずハズレを掴むことはないですが、上位に出てくる製品は販売からある程度経過しているので正直オススメしません。
同じ値段で少しでもスペックの高いものを購入するようにしましょう!

まずはこのページでmicroSDカードの予備知識を3分でサクッと身に付けてから購入しよう!

Androidスマホで写真・動画をそこまでたくさん撮らない方や、とりあえずmicroSDカードを購入してみようと考えている方は、まずは3,000円以内の価格帯のものを一つ買ってみるのもアリです!

このページでは、microSDカードの選び方や、3,000円以内で購入できる高コスパなmicroSDカードを厳選して5つ紹介しています。

【購入前に】microSDカードに記載されているロゴを理解しよう

実はmicroSDカードって、小さいロゴがいっぱい書いてあるんです。
このロゴの意味を理解しておけば、同じ容量・価格帯で迷ったときにスペックの高い方を選べるようになります!

1.UHSスピードクラス

そもそもUHSは「Ultra High Speed」の略で、2010年に発表された比較的新しい規格です。
UHSスピードクラスはUHS対応機器を使用した際のデータ書き込みする際の最低保証速度を表しており、UHSスピードクラス1で10MB/s、UHSスピードクラス3で30MB/s以上の速度が出ます。

アルファベット「U」の中に1もしくは3が記載されていますが、記載自体が無い製品もあります。

2.アプリケーションパフォーマンスクラス

アプリケーションパフォーマンスクラスはスマートフォンのアプリ向けの規格で、アプリケーションをSDへ置いた場合やアプリデータをSD上へ格納した際に快適に利用するための規格として策定されました。

現在は「A1・A2」の2種類のクラスがあり、それぞれのクラスでランダムリード/ライト・シーケンシャルの最低処理速度が定められています。

A1よりもA2の方がスペックが上!とだけ覚えておけばOKです。そもそも記載のないmicroSDもあります。

Android6.0以降であればアプリのインストール先をSD上を指定できたりアプリ内ストレージをSDへ保存できるようになりました。
アプリをSDへ移動して空き容量を確保したい方は、このロゴが記載されているものを必ず購入しましょう!

3.ビデオスピードクラス

ビデオスピードクラスは名前のとおり動画撮影時のデータ書き込みの最低速度を保証する規格で、2016年に策定された比較的新しい企画です。

現在は「V6・V10・V30・V60・V90」の5種類があり、例えばV6では6MB/s、V90では90MB/sが最低保証速度になります。

4K動画撮影で利用する場合はV30以上のものを選ぶようにしましょう!

1.【サンディスク】microSD 128GB(SDSQUA4)

参照:Amazon
読み取り速度120MB/秒
スピードクラスClass 10
UHS規格U1
ビデオスピードクラス
バスインターフェーススピードI
アプリケーションパフォーマンスクラスA1

フラッシュメモリ製品といえば『サンディスク』が最初に出てくるくらい有名。

実利用には問題ないスペックで価格もお手頃なので、とりあえず一つ購入したいという方にはおすすめの商品です。

2.【サンディスク】microSD 128GB(SDSQXAA-128G-GH3MA)

参照:Amazon
読み取り速度190MB/秒
スピードクラスClass 10
UHS規格U3
ビデオスピードクラスV30
バスインターフェーススピードI
アプリケーションパフォーマンスクラスA2

さきほど紹介したサンディスクより1,000円ほど高くなるが、あらゆるスペックが進化した後継モデル。

4K動画の保存も問題ないスペックで、アプリケーションパフォーマンスクラスも『A2』に対応しており、ニンテンドースイッチでの動作も快適に利用できます。

価格は3,000円をわずかに超えますが、割引クーポンが出ていることが多く、クーポンを利用すれば3,000円以下で購入することが可能です。

楽天のほうが安く販売されていることが多いですよ!

3.【Samsung】microSD 128GB EVO Plus(MB-MC128KA/EC)

参照:Amazon
読み取り速度130MB/秒
スピードクラスClass 10
UHS規格U3
ビデオスピードクラスV30
バスインターフェーススピードI
アプリケーションパフォーマンスクラスA2

Galaxyでおなじみのサムスン製microSD。
今回紹介しているmicroSDと同価格帯でありながら、スペックは他のmicroSDより高め。

アプリケーションパフォーマンスクラスも『A2』に対応しているので、ニンテンドースイッチでの利用も問題なし!

4.【Gigastone】microSD 128GB(GS-2IN1666XV10A1-128GB-R)

参照:Amazon
読み取り速度100MB/秒
スピードクラスClass 10
UHS規格U3
ビデオスピードクラスV30
バスインターフェーススピードI
アプリケーションパフォーマンスクラスA2

Gigastone社から販売されているmicroSD。

スペック自体は他社のmicroSDと変わらないが、5年間のデータ復旧無料サービスが付いているので、万が一の時も安心です!

さいごに

microSDカードはかなりの種類が販売されており、中には粗悪品や実用に耐えかねないスペックの製品も多いです。

このページで紹介しているmicroSDカードを購入しておけば失敗することはまず無いので、気になるものがあればチェックしてみましょう!

コメント