【レビュー】23.8インチのASUSモニター「VZ249HR」がコスパ良すぎ!

ガジェット・家電

最近パソコンで作業していると、「もう一つ画面があればなぁ…」と思う場面が結構あったので、パソコン用(+ゲーム用)のモニターを購入しようと決意!

2万円以下の低予算で24インチのモニターを探し、最終的にVZ249HR を購入しました。

結論から言うと、かなりいい買い物でした!パソコン・ゲーム用どちらもストレスなく利用できてます。

約12,000円でこんな素晴らしいモニターが買えるとは…

このページでは、VZ249HRを実際に使ってみて分かったことを詳しくまとめています。

1.VZ249HRの仕様・スペック

VZ249HRのスペックは以下の通り。

サイズ23.8型ワイド
パネルの種類IPS・ノングレア液晶
最大解像度1920×1080(フルHD)
視野角水平178°、垂直178°
応答速度5ms
映像入力端子HDMI×1
D-Sub 15ピン×1
スピーカーステレオスピーカー(1.5W+1.5W)
本体サイズ(スタンド含む)540(幅)×211(奥行)×391(高さ)
重量約2.9kg

もっと詳しく確認したい方
VZ249HR|ASUS公式サイト

その他にも、チラツキが発生しないフリッカーフリー技術や、4パターンのブルーライト軽減フィルターが搭載されているので、とにかく目に優しい設計になっています。

ちなみにブルーライト軽減フィルターは、画面下のボタンでカンタンに設定できます!

15,000円以下で販売されている他のモニターと比較してもスペックはかなり高めです。

2.開封~設置

商品そのものが軽いせいか、箱もかなり軽いです。

ちなみに箱には「VZ249」と記載されていますが、VZ249HRが入っているのでご安心を。

開封!

発泡スチロールにスタンドや付属品が入っています。

入っているもの
  • ACアダプタ
  • D-Sub 15ピンのケーブル
  • オーディオケーブル
  • 保証書(冊子)
  • クイックスタートガイド

HDMI接続には対応しているものの、HDMIケーブル自体は付属していないので注意しましょう。

上記がクイックスタートガイドと保証書。

保証書に記載はありませんが、メーカー保証が購入日より3年間あるので、保管しておきましょう。

モニターのスタンド。かなり軽いです。

マイナスドライバーは無くてもOK!ツマミを持ち上げてクルクル回せばカンタンに取付けできます。

モニターにスタンドを取り付けた所

そのままモニターを立てると、かなり斜めになっています。Amazonのレビューにも同様の書き込みがありますが、故障ではありません。

後ろにモニターをゆっくり倒せば直ります。

完成!

スタンドを付けるだけなので簡単です。

モニターを上から見た状態。メーカー公表値の通り、厚さが約7mmなので、非常に薄いです。

iPhoneがだいたい同じくらいの厚さ。iPhone 8が7.3mm、iPhone 11が8.3mmの厚さです。

3.VZ249HRのメリット・デメリット

だいたい1か月ほど使ってみたので、メリット・デメリットをまとめてみました。

メリット
  • 画面が非常に綺麗!文字も見やすい
  • ベゼル幅がかなり細い!
  • モニターの重量がかなり軽い
  • ブルーライト設定の切替がカンタン!
    画面下の一番左に配置されてるので押しやすい
  • モニターのスピーカーの音質も結構イイ!
  • フレームレス設計なので、より作業に集中できる

正直1万円台前半でこのモニターはかなりコスパがいいです。

今まで使っていたXB2481HSUと並べて設置。

2台をに並べてみると、VZ249HRはベゼル(画面の縁)がかなり細いです!そのせいで、今まで愛用していたモニターのベゼルが太く感じてしまい、買い替えを検討するレベル。

高いモニターを買えばスリムベゼルのものは多いですが、約12,000円で買えるモニターなので非常に満足です。

 

ただ、いくつかデメリットもあります。

デメリット
  • モニターの角度調整はできるが、高さ調整ができない
  • モニターアームの取り付けができない
    (VESA規格外)
  • 音質にこだわりたい方は外部スピーカー必須
  • HDMI端子が1つしかない

上記のデメリットの中でも個人的に少し残念だったのは、高さ調整ができない点

デュアルモニターで運用する際に、異なるディスプレイを使う方は注意が必要です。

幸い既存のディスプレイ側が高さ調整できたので、同じ高さになっています。ただ、自分の希望の高さよりも低いので、今後机上台を購入する予定です…。

モニターの音質に関しては、PS4やSwitchをプレイする限りでは、モニターのスピーカーで全く気にならないレベルです。家庭のテレビでゲームをプレイする時と同等の音質かと思います。

ちなみにVZ249HRは、HDMI端子は1つだけあります。あとはD-Sub 15ピンが1つ。Display Portはありません。この価格帯だと基本的にはHDMI端子は1つしかないモニターがほとんどです。

パソコンはD-Sub端子を使えばいいので、HDMI端子をゲーム機で1台分使えますが、複数のゲーム機を使う予定の方は注意しましょう。

4.【まとめ】これはマジで買い!

パソコン用やゲーム機用の安価なモニターを探している方には、今の所これが最適かと思います。

値段は変動しますが、約12,000円で購入できます。低予算でモニターを探している人は是非!

ただ、ゲームでの使用がメインの方は、やはりゲーミングモニターを購入した方がいいです。

少し値段は上がりますが、以下の記事で20,000円以下で購入できるゲーミングモニターを紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました